MENU

認知症を予防するためにすべきこと

認知症を予防するためにすべきこと

認知症を予防するための一日の行いについて

認知症は予防するためにすべきことは、それほど難しいことではありません。怪我を防ぐのと同じで毎日のストレッチのようにコツコツと続けていくことが大切になります。脳を健康的な状態にするためには、何事も無理をせず出来るだけ楽しみながらトレーニングをしていくようにしましょう。脳が一番喜ぶことは、生活リズムを整えて出来るだけ楽しく毎日を過ごすことです。そのために必要なことは、暴飲暴食を避けることや早寝早起きの習慣を身につけることなどです。特に食事は脳に良い栄養を沢山とらなければなりません。脳に良い栄養素が入っている食べ物は野菜や魚です。食事を作るときは野菜や魚を出来るだけ多く取り入れて、料理を作るようにしてください。あまり油分の多い食べ物や糖分の多い食べ物は、体の負担となり結果的に脳の負担に結び付くので出来るだけ控えるようにしましょう。

料理は頭を使う作業なので、出来れば自分自身で行えると良いです。自分で栄養素などを考えて料理を作れるようになれば、自分自身のケアを行えるようになるので料理は出来るに越したことはありません。ファストフードやコンビニのお弁当などが中心になってしまうことも老後の場合は考えられるので、自分自身でなんとかするか、家族など周りの人達にサポートしてもらえると良いでしょう。毎日の食事の内容によって体は作られていきますし、それにより脳の健康や老化の進み具合も変わってきます。なので出来る限り栄養のある食事をするように心掛けましょう。毎日の運動も脳を健康に保つ習慣の一つです。毎日運動をすることによって少しずつ筋力がつき、肺の力もついてくるので体全体が健康になります。そうすることで体だけではなく脳も健康的な状態になり、老化が遅くなるでしょう。特にウォーキングなどの軽めの運動などをコツコツ続けていくことをお勧めします。

ウォーキングは運動の中でも体への負担が少ないので、怪我をする心配もありません。ウォーキングをしながら景色を楽しんだり、近所の人達とコミュニケーションをとったりすることも出来ますし、脳が喜ぶことばかりだと言えます。生活のリズムを整えるためにもウォーキングは早朝に行った方が良いでしょう。朝に運動する習慣をつけると、生活のリズムが出来て早朝の空気は気持ちが良く歩くことを楽しめるからです。一人で運動するのではなく、多くの人と一緒に運動することもお勧め出来ます。話しながら運動するというのは、様々な作業を脳内で処理しなければならないため脳が活性化されます。

脳にとってある程度大変な作業を継続的に行うことにより、脳が鍛えられ強化されていきます。そのためには出来るだけコミュニケーションをとりながら、楽しく毎日を過ごす工夫が大切となります。運動が苦手であれば、映画や音楽など別のことをして過ごしても構いません。無理なことをしてストレスを感じるよりは、自分の楽しめることをコツコツと長く続けた方が良いでしょう。運動する場合は怪我をしないための工夫を忘れないようにして下さい。

 

脳を鍛えて認知症を防ぐ

認知症は頭を鍛えることによって、劣化することを防いだり予防することが可能な病気です。脳を活性化することによって、脳の老化を防ぎより若い状態を保ち続けることが出来ます。若いうちは勉強などで頭を使いますし、学校では沢山の人とコミュニケーションをとる機会があります。また熱中することも見つけやすく、体も若々しく健康なので特に意識することなく過ごしていても脳が衰えてしまう心配はありません。しかし歳を取るにつれて頭を使わなければならない機会は減ってきますし、コミュニケーションをとる場所も自分自身で行動しなければ無くなってしまいます。また体や脳は少しずつ歳とともに衰えていくので、きちんと意識して生活しなければなりません。

まず最初にやらなければならないことは、今の自分自身の生活習慣を見直すということです。生活習慣というものは長い年月を経て体に染み付いていくものなので、自分自身ではなかなか気づきにくいものです。自分自身の生活習慣に気づいていなければ直すことも非常に難しいため、まず最初に紙に書き出すなどをして自分の一日のスケジュールを見直してみると良いでしょう。書き出してみると分かりますが、知らず知らずに内に習慣になってしまっている体に悪いことは沢山あります。三食の食事の時間以外にご飯を食べていたり、寝る時間が遅くなってしまったり当たり前に行っている生活が実は体に悪いということは良くあります。

それらを一つ一つ自覚して改善していくことにより、脳を健康な状態へ戻すことが可能になります。老後は自分自身が楽しめる趣味を沢山持っておくことも大切です。自分の好きなことをしている時間というのは、脳が活性化されていて体に良いので、楽しめる趣味を沢山持っておくことが重要となります。若いうちにいろいろな経験して、楽しめる趣味を出来るだけ沢山持つようにすると良いでしょう。若いうちは時間が沢山あるため、出来るだけ多くの人と交流して好きなことが出来る時間を沢山確保すると効果的です。激しい運動は歳を取ってからだと体に負担がかかります。なので歳を取ってからでも出来るような趣味を見つけましょう。

その場合スポーツよりも芸術方面の趣味をお勧めします。芸術は知的好奇心を刺激してくれるので、脳を活性化することが出来ます。体に負担がかかるという心配もなく、美術館へ行ったり映画を観たりすると脳が喜びます。一人ではなく誰かと一緒に映画を観たり美術館へ行ったりすると、意見の交換をしたりすることが出来るのでより脳にとっては刺激となるでしょう。読書をしてり絵を描いたりすることも脳を働かせる要素となります。読書は落ち着いて一人きりでも楽しむことが出来るため、時間や場所を問わず好きなときに好きなだけ楽しめる趣味として非常にお勧めです。読書をするとこによる脳への効果はとても高く、体を動かす必要もないので老後の趣味としては最適だと言えます。図書館へ行けば無料で本を借りて読むことも可能なので、お金もかからず有意義な時間を過ごせるでしょう。